【要注意!】カナガンキャットフードは慢性腎臓病に悪い?良い?

カナガン 腎臓 キャットフードの情報

猫ちゃんと暮らしているあなたの心配事に、やはり高齢になってきた場合にいろいろな慢性疾患になってくることだと思います。その中の一つに、慢性腎臓病もあるかと思います。

毎日食べる食事も非常に重要な要素になってくると思います。そんな猫ちゃんの慢性腎臓病に関して獣医さんのご意見と、カナガンキャットフードが食事として適切なのかどうかを見ていきたいと思います。

こちらで特にお伝えしたいことは。

自己紹介 こんにちは! 本記事の執筆者「快適空間編集部 ナカジ」といいます。
我が家の猫は、もう何代目か。今回は、三毛の野良ちゃん。ちょうど親父がなくなったときに、実家の前で見つけた子。しっかりと健康に長生きしてもらいたいとねがいつつ。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しておりますが、ごゆっくりとご覧ください。

猫の慢性腎臓病とは?

腎臓病 猫

慢性腎臓病は高齢化により自然と出てくる病気

さて、私は残念ながら獣医ではありませんので、こちらは北里大学の獣医学部の星 史雄先生のコラムより抜粋しました。

年齢が高くなってくると、自然と出てくるのが病気です。ヒトでは老齢医学で扱うような病気、つまり、心臓病、糖尿病、腎臓病、腫瘍性疾患が多くなってきます。特に、老齢のネコでは、腎臓病の発生が多くなってきます。

この病気は、慢性腎臓病と言って、いろいろな原因によって起きますが、一度発症してしまうと、その病気の進行の早さは様々ですが、確実に悪化していき最終的には尿毒症といった状態で亡くなります。

※引用元:北里大学獣医学部 星 史雄先生「獣医さんが教えてくれる「ネコの慢性腎臓病」より

人間と一緒で、高齢化が勧めが進むほど、いろいろな疾患が増えていきます。私の妻の実家が飼っていた猫も、うちの兄が飼っていた猫も、病気がすすみつつ、医者に通いながらという状況でした。

なんだか人間と同じだなぁ、と。健康なまま、天寿を全う出来たら幸せなんだろうな、とか思いました。うちのちゅらはどうなんだろうか、と日々思うわけです。

中でも猫ちゃんの死因no.1として慢性腎臓病が挙げられています。

猫の慢性腎臓病の症状は?

では、猫ちゃんの慢性腎臓病のその症状は? 下記のようになります。

ステージ クレアチニン 症状
ステージ1 <1.6 mg/dL 軽度の腎機能低下、特に明らかな症状は見られないことが多い
ステージ2 1.6 – 2.8 mg/dL 中等度の腎機能低下、飲水量の増加や多尿が見られることがある。
ステージ3 2.9 – 5.0 mg/dL 重度の腎機能低下、食欲不振、体重減少、嘔吐などの症状が現れることが多い。
ステージ4 >5.0 mg/dL 末期の腎機能障害、重篤な症状が見られ、管理が難しくなる。

※引用元:ルーツ動物病院より「猫の慢性腎臓病|猫の死因第一位の病気を解説」より

こちらのステージ表はちょっと検索すると出てくるものになりますが、一応ルーツ動物病院さんより引用しました。検査としてはクレアチニンの血中濃度で明確ですが、症状としてもわかるようです。

その他にも検査方法はありますが、こちらでは割愛します。

猫ちゃんの慢性腎臓病ですべきことは?

猫 食事

では、猫ちゃんが慢性腎臓病になってしいまっているとわかったら、どうすべきかについてです。

慢性腎臓病に対してどういった対策が効果的?

猫の慢性腎臓病に対しては、下記の治療方法が挙げられています。

  1. 食事療法
  2. 投薬
  3. 点滴療法

です。ここでようやくカナガンキャットフードが関係しそうなものが出てきました。食事療法ですね。

では、各治療方法についてもう少し詳しく見ていきましょう。

1.猫の慢性腎臓病への食事療法

では、食事についてどういったことに注意していけばいいのでしょうか。非常に簡潔にまとめられているものが、ふじわら動物病院さんより出ていました。

■慢性腎臓病の猫に与えてはいけない栄養素
・リン
・タンパク質

■腎臓病の猫に与えるといいもの
・EPA/DHA
・食物繊維

このように、リンとタンパク質の過剰な接種をやめ、EPA/DHAと食物繊維を十分に与える、というものです。

カナガンキャットフードは慢性腎臓病に適しているのか?

カナガンキャットフード 口コミ

カナガンキャットフードの基本情報

まずは、カナガンキャットフードの一般的な情報から記載していきます。こちらではお値段やどういったフードなのかをわかりやすくまとめてみました。

項目 内容
内容量 1.5kg
価格 通常購入:4,708円(1袋)
定期購入:4,237円(1袋)/4,001円(2袋以上)/3,766円(5袋以上)
1kg当たりの単価  2,510~3,138円
5kgの成猫の1日の餌代 給与量60g 1日あたり 158~188円
対応年齢 全年齢
カテゴリ 主食
原産国 イギリス
タイプ ドライフード
粒の大きさ 約7mm 球状
主原料 チキン、サーモン
カロリー 405、398kcal / 100g
特徴 ・ヒューマングレード
・グレインフリー
・着色料、香料不使用
・欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)基準
・魚、肉を60%以上配合
・チキンとサーモンの2種類
賞味期限 未開封:製造日より18か月 パッケージに記載
開封後:できるだけ早めに
販売会社 株式会社レティシアン
住所 東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
電話番号 0570-200-012
公式サイト https://www.canagancatfood.co.jp/cart
販売会社ホームページ https://laetitien.co.jp/

以上がカナガンキャットフードの基本情報になります。

\最安は公式サイトの定期購入で20%OFF!/カナガンキャットフードの公式サイトはこちら

カナガンキャットフードの原材料

カナガン

腎臓病に関して、いい材料、悪い材料、といっても材料からはすぐにわかりませんが、まずはこんな材料を使っている、ということになります。

【チキン】
乾燥チキン35.5%、チキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、チキンオイル4.2%、乾燥卵4%、チキングレイビー2.3%、 サーモンオイル1.2%、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、 カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニス、コロハ、ビタミン類(A、D3、E)、タウリン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン)
【サーモン】
生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、サツマイモ、サーモンオイル5%、ジャガイモ、生マス2.5%、ジャガイモタンパク、サーモンスープ2%、 アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、 カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニス、コロハ、アミノ酸類(メチオニン、リシン)、タウリン、ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)

非常によい素材を使っていることがわかります。とくに、たんぱく質成分は生のものを使ったりと、非常に気を使っています。

加えて、いろいろな栄養素が取れるように、その材も多岐にわかりますし、主な栄養がタンパク質であるにもかかわらずいろいろな野菜やフルーツを使っている、非常にバランスの取れたキャットフードだと思います。

それでは、実際に重要な栄養成分を見ていきましょう。

カナガンキャットフードの栄養価

次に、カナガンキャットフードの栄養成分についてみてみましょう。かなりたんぱく質が豊富なフードになっていますし、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸といった栄養素もかなりとれるように設計されています。

また、健康な若い猫ちゃんにとって、その必要な主栄養素はタンパク質になると思います。そういった意味でタンパク質が多くなるような設計はカナガンキャットフードにかかわらず、仕方ないでしょう。

成分
フード種類 チキン サーモン
タンパク質 34%以上 34%以上
脂質 16.7%以上 14.8%以上
粗繊維 3.25%以下 3.25%以下
灰分 10.7%以下 10.2%以下
水分 8%以下 8%以下
オメガ3脂肪酸 0.82% 3.1%
オメガ6脂肪酸 2.99% 0.8%
リン 1.10% 1%
カルシウム 1.58% 1.4%
エネルギー(100gあたり) 405kcal 398kcal

これがカナガンキャットフードの栄養価になります。さて、これだけでいい悪い、を判断するのは難しいともいます。次で比較してみましょう。

\最安は公式サイトの定期購入で20%OFF!/カナガンキャットフードの公式サイトはこちら

カナガンキャットフードと腎臓サポートキャットフードとの比較

ロイヤルカナン 腎臓サポート

タンパク質、リンは少なく、オメガ脂肪酸、食物繊維は高め、がいいとされています。比較がないと難しいので、食事療法として出されているロイヤルカナンの療法食 腎臓サポートスペシャルとの比較を行ってみまます。

ロイヤルカナン チキン サーモン
タンパク質 24.0%以下 34%以上 34%以上
リン 0.44% 1.10% 1%
オメガ脂肪酸 0.4% 3.81% 3.9%
食物繊維 10.8% 3.25%以下 3.25%以下

これらの数値を見ると、やはりタンパク質は、リンは高め、ただし、EPA/PHAであるオメガ脂肪酸は圧倒的に多いことがわかります。

これは健康な猫ちゃんであれば、非常に良質な栄養だといえると思います。ただ、腎臓病を患ってしまった老猫にとっては、やはり腎臓ケアサポートのような、たんぱく質やリンが少なめのフードが良いということなのでしょう。

やはりロイヤルカナンは腎臓病の療養食であることがわかります。

カナガンキャットフードの腎臓に良いかのまとめ

以上が、カナガンキャットフードが腎臓に良いか悪いか、といった客観的な数字などになります。比較に出したロイヤルカナンの療養食腎臓サポートと比べると、オメガ脂肪酸以外は腎臓病に対して療養食となる数値としては下回っていることになります。

ただ、なので何が何でも腎臓に悪い、ということではないよに思います。若いうちはしっかりとタンパク質必要ですし、バランスの良い食事が求められると思います。

同じく、モグニャンと腎臓病グランツと腎臓病についての記事も参考になればと思います。

\最安は公式サイトの定期購入で20%OFF!/カナガンキャットフードの公式サイトはこちら

当サイトではその一押しとしてモグニャンをおすすめしています。もちろんこちらのカナガンも非常によいフードでして、その次におすすめですね。

それぞれの口コミ記事が見たい方は、こちらを参照してください。

【評判どう?】モグニャンの口コミ12件&愛猫に試したレビューを紹介!
愛猫の健康を第一に考える人たちの間で、その原材料へのこだわりや、食いつきといった猫ちゃんお反応も人気の「モグニャンキャットフード」の口コミと、実際我が家の愛猫である三毛猫ちゅらさんに上げたらどうなったレビューを報告します! もちろん、口コミ...
【評判どう?】カナガンキャットフードの口コミの12件を解説!獣医の100%が認める?
愛猫の健康を第一に考える人たちの間で人気の「カナガンキャットフード」。獣医師の100%が栄養のバランスが良いとし、85%のもの方が食いつきがよいと好評を得ていますが、実際の口コミではどうなのかを調べました。 実際に調べてみると、良い口コミも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました