猫の血尿対策に必見!おすすめキャットフードで健康サポート

血尿 キャットフードおすすめ おすすめキャットフード

自分の家族でもある愛猫ちゃんが血尿をしたらかなり心配になりますよね。うちのちゅらさんならすぐに病院に行ってしまうかも。。なので、なってから、ではなく、血尿の対策をできればと考えたくなりますが、いかがでしょう?

この血尿という症状は泌尿器のトラブルやストレスなど、いろいろな原因が考えられます。そこで、猫ちゃんの体を作るキャットフードだけでもまずは血尿対策に効果的なものを選びたいです!

本記事では、猫の血尿に対する理解を深めるとともに、その根拠を元にしたおすすめのキャットフードを詳しく紹介します。適切な食事選びと日常ケアを見直して、愛猫の健やかな生活の参考になればと思います!

自己紹介 こんにちは! 本記事の執筆者「快適空間編集部 ナカジ」といいます。
我が家の猫は、もう何代目か。今回は、三毛の野良ちゃん。ちょうど親父がなくなったときに、実家の前で見つけた子。しっかりと健康に長生きしてもらいたいとねがいつつ。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しておりますが、ごゆっくりとご覧ください。

血尿対策におすすめのキャットフードは?

血尿対策のキャットフードをおすすめするにあたって

すでに血尿を発症してしまった猫ちゃんについては、獣医の指導の下、治療をおこなう、またフードを選定することが必須と思います。今現在健康な状態で、血尿が心配だな、ということで対策としておすすめのキャットフードとなります。

健康な猫ちゃんなので、血尿だけをケアすればよい、ということではないので、血尿ケアとしてよくおすすめされているキャットフードは、そのバランスも含め評価が低くなってきます

おすすめは血尿だけでなく総合的なバランスのよいモグニャンキャットフード

モグニャン100円

モグニャンキャットフードの一番のおすすめポイントは、やはりその総合的なバランスの良さだと思います。療法食になってしまうと、どうしてもある一つの病状に特化してしまうので健康な猫ちゃん、つまりは対策を対象とする猫ちゃんにとってバランスが悪い食事になってしまいます。

その点、モグニャンキャットフードは以降に挙げる、血尿に関する要素をかなりクリアしているとともに、他の栄養なども考えたときに非常に良いフードだということです。

詳しくは、順番に見ていきましょう!

\最も安いのは公式サイトの定期購入!/モグニャンキャットフードの公式サイトはこちら

モグニャンの血尿に対する記事もありますので、参考になればと思います。

【猫の血尿の原因は?】モグニャンはおすすめできるフード?療法食はある?
猫ちゃんの健康を考えるい人に人気のモグニャンですが、実際、健康に良いのでしょうか。今回はキャットフードもかかわってくる『血尿』に関する症状について、モグニャンとのかかわりを調べてみました。 結論からすると、モグニャンは、お腹や消化について、...

猫の血尿とは?原因と症状を知ろう

腎臓病 猫

猫の血尿の定義

血尿は、尿中に血液が混じった状態を指します。これは、目に見える肉眼的血尿(尿がピンク色、赤色、茶色に変わる)と、目には見えないが顕微鏡で確認できる顕微鏡的血尿に分けられます。猫の場合、特に肉眼的血尿が見られることが多く、トイレで確認できる尿の色の変化が一つの指標になります。

猫の血尿の特徴

  • 色の変化: 尿がピンク色、赤色、茶色に変わることがあります。血液の量に応じて色が異なります。
  • 頻尿や排尿時の痛み: 血尿に伴って、排尿回数の増加や排尿時に痛みを感じている様子が見られることもあります。
  • 混濁や凝血塊: 尿が混濁していたり、小さな凝血塊が見られることもあります。
  • 悪臭: 通常の尿と比べて強い臭いがすることがあります。

主な原因(感染症、尿路結石、ストレスなど)

  • 尿路感染症: 膀胱や尿道に細菌が感染して炎症を引き起こす。
  • 尿路結石: 尿中のミネラルが結晶化して結石を形成し、尿路を傷つける。
  • 膀胱炎: ストレスや感染、結石などによる膀胱の炎症。
  • 外傷: 外部からの打撃や事故による損傷。
  • 腫瘍: 膀胱や尿道に発生する良性や悪性の腫瘍。
  • 中毒: 有害物質の摂取による毒性反応。

診断と対応

血尿が見られる場合、まずは獣医師による診断が必要です。以下の方法で診断が行われます。

  • 尿検査: 尿の成分を調べ、血液や細菌、結晶の有無を確認します。
  • 超音波検査: 尿路や膀胱の構造的な異常や結石の有無を確認します。
  • X線検査: 尿路結石や腫瘍の有無を確認するために行います。

適切な診断に基づき、血尿の原因に応じた治療が行われます。治療内容には、抗生物質の投与食事療法外科的処置などが含まれます。

参考リンクと文献

猫の血尿は重大な健康問題のサインである可能性が高いため、早急な対応が求められます。日頃から猫のトイレの様子を観察し、異常が見られた場合は速やかに獣医師に相談しましょう。

血尿に適したキャットフードの選び方

アメショ

猫の血尿対策に適したキャットフードの選び方は、尿路の健康をサポートする成分や原料を考慮することがポイントです。

血尿は尿路感染症、尿路結石、膀胱炎などの症状の一部として現れることが多いため、これらの原因に対応したフードを選ぶことが重要です。以下に、血尿対策に適したキャットフードの成分と原料について詳しく説明します。

血尿に適したキャットフードの成分・原料

1.水分含有量が高いフード

  • ウェットフードを選ぶことで、自然に猫の水分摂取量が増え、尿を希釈する効果があります
  • ドライフードを与える場合も、トッピングとしてウェットフードを混ぜることで水分補給を促進できます。

2.マグネシウム、リン、カルシウムの適正バランス

  • マグネシウム、リン、カルシウムは尿結石の形成に関与することがあるため、これらのミネラルが適正バランスで配合されているフードを選びましょう。特に、ストルバイト結石を対策するためには、低マグネシウムのフードが推奨されます。
  • ミネラルバランス調整済み」や「結石対策対応」と表示された療法食や特別食がおすすめです。

3.酸性化成分(尿pH調整)

  • 尿を弱酸性に保つことで、結石の形成を抑制できます。フードにDL-メチオニンクランベリーエキスなどの尿酸性化成分が含まれていると、尿のpHを適切に保つのに役立ちます
  • また、クランベリーは、尿路の健康をサポートし、細菌の付着を防ぐとされています。フードにクランベリーエキスが含まれていると、尿路感染症の対策に役立つ可能性があります。

5.高品質の動物性たんぱく質

  • 良質な動物性たんぱく質が豊富なフードは、猫の全体的な健康維持に重要です。チキン、ターキー、サーモンなどの高品質の肉や魚を主要なタンパク源とするフードを選ぶと良いでしょう。

6.腸内環境調整

  • 腸内環境を整えることで、免疫力を高め、尿路感染症のリスクを軽減できます。プレバイオティクス(イヌリンなど)やプロバイオティクス(乳酸菌など)が含まれているフードを選びましょう。

7.グレインフリーまたは低アレルゲンフード

  • 一部の猫ではアレルギーが尿路に影響を与えることもあるため、穀物(グレイン)を含まない、もしくは低アレルゲンのフードを選ぶことが有効です。

8.天然の抗酸化物質

  • ビタミンE、ビタミンCローズマリーエキスなど、抗酸化物質が含まれているフードは、炎症を抑え、細胞を保護する効果があります。

参照元・参考文献

上記の内容については、以下の獣医療ガイドライン、栄養学の資料、専門家の意見、およびキャットフードメーカーの推奨資料を参考にしています。

1. 獣医療・栄養ガイドライン

2. 専門家の意見・レビュー

4. 栄養成分の有効性に関する研究

猫の血尿対策におすすめのキャットフード10選!

ベンガル

それでは、愛猫が血尿にならない、あくまで対策という観点からみたおすすめのキャットフード10選を紹介しますす。

こちらは先に挙げた要素をどれだけ満たしているか、がポイントになってくると思います。また、こちらでは主食となるドライフードで比較しますので、水分量については割愛します。

フード名 モグニャンキャットフード カナガンキャットフード
サーモン
グランツキャットフード
サーモン
ファインペッツ
キャットフード
ジャガーキャットフード ブラバソンヌキャットフード
フィッシュ
犬猫生活キャットフード
金沢港の朝獲れ魚
アカナキャットフード
パシフィカキャット
ロイヤルカナン
ユリナリーケアドライ
ベッツソリューション
尿中ストルバイトサポート
マグネシウム他
ミネラルバランス
マグネシウム:0.09%
ナトリウム:0.62%
リン:1.10%
カルシウム:1.30%
マグネシウム:0.09%
リン:1%
カルシウム:1.4%
マグネシウム:0.08%
ナトリウム:0.90%
リン:1.00%
カルシウム:1.30%
マグネシウム:0.06%
ナトリウム:0.4%
リン:0.68%
カルシウム:0.8%
記載なし マグネシウム:0.1%
リン:0.7%以上
カルシウム:1.0%以上
記載なし マグネシウム0.1%以上
リン:0.9%以上
カルシウム:1.2%以上
記載なし
「調整」と記載
マグネシウム:0.06%
ナトリウム:0.8%
リン:0.8%
カルシウム:1.3%
pH調整 クランベリー クランベリー
メチオニン
クランベリー
メチオニン
特になし クランベリー
メチオニン
乾燥クランベリー クランベリー
メチオニン
クランベリー
メチオニン
特になし 乾燥クランベリー
たんぱく質原料 白身魚のみにて65% サーモン:魚のみ使用 サーモンが60%
チキンが7%
アヒル肉とニシンで85%以上 肉類、魚類にて80% 魚類(分量不明)
高消化性エンドウ豆タンパク質
金沢港の魚類 魚類にて60%以上
豆類
鶏、七面鳥 加水分解サーモン、乾燥鶏肉
腸内環境調整 乳酸菌、オリゴ糖、ビール酵母 オリゴ糖 ビール酵母、マンナンオリゴ糖 オリゴ糖、イヌリン プロバイオティクス
オリゴ糖
オリゴ糖、イヌリン
ビール酵母
乳酸菌、オリゴ糖 添加腸球菌 酵母、酵母エキス オリゴ糖
グレインフリー
低アレルゲン
グレインフリー
タンパク質アレルゲンなし
香料、着色料、防腐剤不使用
グレインフリー
蛋白源材料は魚のみ
香料、着色料、防腐剤不使用
グレインフリー
チキンが7%ほど
香料、着色料、防腐剤不使用
たんぱく材料85%
全粒米使用
香料、着色料、防腐剤不使用
グレインフリー
チキン、卵等使用
香料、着色料、防腐剤不使用
フィッスは魚のみ
玄米使用
香料、着色料、防腐剤不使用
グレインフリー
魚のみ
香料、着色料、防腐剤不使用
グレインフリー
動物たんぱくは魚のみ
香料、着色料、防腐剤不使用
米、小麦使用
香料、着色料、防腐剤不使用
グレインフリー
鶏肉使用
香料、着色料、防腐剤不使用
抗酸化作用
ビタミン類
ローズマリー
ビタミン添加
新鮮食材多数
ローズマリー、メチオニン
ビタミン添加
ビタミン添加 多数のビタミン添加 ローズマリー
ビタミン類添加
ローズマリー
ビタミン類
ビタミン類 天然酸化防止剤
ビタミン類
新鮮食材多数
ミックストコフェロール
ローズマリーエキス
ビタミン類
ミックストコフェロール
ローズマリー抽出物
ビタミン類
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

以上が、血尿対策に良いと考えるキャットフードとなります。健康な猫ちゃんのため、療法食という選択はあえてしませんでした。療法食はバランスが偏った食事になってしまう恐れがあるためです。

とはいっても基準が和解りにくいので、ロイヤルカナンとペッツソリューションの製品を並べてみました。

それでは、各理由でおすすめのキャットフードをもうちょっと詳しく紹介します。

血尿対策の根拠からおすすめのキャットフード

1.血尿だけでなく総合バランスでもっともおすすめのキャットフード:モグニャンキャットフード

とにかく総合的なポテンシャルで行けば、やはりモグニャンかなとなります。うちの愛猫ちゅらさんにも上げてみましたが、ほんとにすごい食べる。おやつか?ってくらい食べる。ちょっと怖いくらいですw

もちろん、使っている原材料やその栄養価、また、病気になどの対策などには非常に強いのではと思います。

モグニャンキャットフードの総合評価

項目 評価
総合評価 4.6
原材料 4.8
栄養バランス 4.8
無添加・アレルゲン 5.0
コスト 3.8
獣医推薦 4.5
製造、管理 4.8

モグニャンキャットフードの基本情報

モグニャン100円

モグニャンキャットフードの商品情報

項目 内容
内容量 1.5kg
価格 通常購入:5,038円(1袋)
定期購入:4,5347円(1袋)/4,282円(2袋以上)/4,030円(5袋以上)
1kg当たりの単価 2,686~3,358円
5kgの成猫の1日の餌代 給与量65g 1日あたり 175~218円
対応年齢 全年齢
カテゴリ 主食
原産国 イギリス
タイプ ドライフード
粒の大きさ 約8mm 俵型
モグニャン
主原料 白身魚
カロリー 379kcal / 100g
特徴 ・ヒューマングレード
・グレインフリー
・着色料、香料不使用
・欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)基準
・白身魚65%配合
賞味期限 未開封:製造日より18か月 パッケージに記載
開封後:できるだけ早めに
販売会社 株式会社レティシアン
住所 東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
電話番号 0570-200-012
公式サイト https://www.mognyancatfood.co.jp/cart
販売会社ホームページ https://laetitien.co.jp/

\最も安いのは公式サイトの定期購入!/モグニャンキャットフードの公式サイトはこちら

モグニャンキャットフードの特徴

とにかく選択せしている材料が良いと思います。グレインフリーはもちろんですが、タンパク質材料にしても魚のみを使うとこのとで、たんぱく質原材料へのアレルギーも心配ないですし、グレインフリーも併せてアレルゲンが極めて少ないです。

また、マグネシウムも最低値ではないにしても非常に低い数値をとっていますし、尿路毛関係のサポートをするような材料、クランベリーやビタミン、といったものもしっかりと入っています。

整腸作用としての乳酸菌などもしっかり加えられています。新鮮お野菜とフルーツもふんだんに使ってありますので、もちろんビタミン、ミネラルもしっかりしていると考えます。

総合的に優れていながらも、血尿に関連するポイントをしっかり押さえているという点で、総合的なおすすめNO.1のキャットフードとしました!

その他の原材料や成分など、詳しい情報は口コミ記事に掲載していますので、そちらもご覧ください。

【評判どう?】モグニャンの口コミ12件&愛猫に試したレビューを紹介!
愛猫の健康を第一に考える人たちの間で、その原材料へのこだわりや、食いつきといった猫ちゃんお反応も人気の「モグニャンキャットフード」の口コミと、実際我が家の愛猫である三毛猫ちゅらさんに上げたらどうなったレビューを報告します! もちろん、口コミ...

モグニャンの血尿に対する記事もありますので、参考になればと思います。

【猫の血尿の原因は?】モグニャンはおすすめできるフード?療法食はある?
猫ちゃんの健康を考えるい人に人気のモグニャンですが、実際、健康に良いのでしょうか。今回はキャットフードもかかわってくる『血尿』に関する症状について、モグニャンとのかかわりを調べてみました。 結論からすると、モグニャンは、お腹や消化について、...

2.血尿の療法食と同等の低マグネシウムでおすすめのキャットフード:ファインペッツキャットフード

ファインペッツのキャットフードはそのマグネシウム量もさることながら、たんぱく質原材料の分量が85%とものすごい数値になっています。それゆえ、消化吸収がかなり良いようで猫ちゃんのお腹に優しい食事となっています。もうちょっとバランスが良かったら最高なのに!

ファインペッツ

ファインペッツ(FINEPET’S)キャットフードの商品情報

まずは、ファインペッツ(FINEPET’S)キャットフードの一般的な情報から記載していきます。こちらではお値段やどういったフードなのかをわかりやすくまとめてみました。

内容量 1.5kg
価格 お試し価格:1,100円
通常購入:4,546円
定期購入:4,091円
※20回目=20%オフ、30回目=30%オフ、
100回目=100%オフ 節目にて割引あり
1kg当たりの単価  2,727~3,030円
※お試し、節目割引価格除く
5kgの成猫の1日の餌代 給与量50g 1日あたり 136~151円
対応年齢 全年齢
カテゴリ 総合栄養食
原産国 オランダ
タイプ ドライフード
粒の大きさ 約8mm テトラ型
ファインペッツ
主原料 アヒル肉(フランス産)、ニシン(オランダ産)、全粒米
カロリー 427.2kcal / 100g
特徴 ・着色料、香料不使用
・たんぱく質原料85%以上
・消化吸収率87%
・ヒューマングレード
賞味期限 開封から3ヶ月 (品質管理上、商品到着後はなるべく早く開封いただき、3ヶ月以内に与えきるようにしてください。)
販売会社  株式会社エヴリワンズ
住所 東京都渋谷区幡ヶ谷3-48-5
電話番号  0120-41-2039
公式サイト https://www.finepets.jp/#cat
販売会社ホームページ https://www.finepets.jp

以上がファインペッツ(FINEPET’S)キャットフードの基本情報になります。

血尿は結局は結石など尿路疾患にかかわってくることがおおいです。なので、結石ができないようなフード、大まかにはマグネシウム量が少ないフードだとどれがおすすめか、という話になります。

療法食のロイヤルカナンは記載がありませんが、ベッツソリューション・尿中ストルバイトサポートを見ると、そのマグネシウム量は0.06%と少ないです。それと同等のファインペッツになりますし、他の栄養素を考えると、かなり良いフードにも思います。

ファインペッツのキャットフードの口コミやもっと詳しい情報は下記になりますので、参考になればと思います。

【評判悪い?】猫用ファインペッツ(FINEPET’S)キャットフードの口コミ
愛猫の健康を第一に考える人たちの間で人気の「ファインペッツ(FINEPET’S)キャットフード」の口コミをご紹介します。 実際に調べてみると、良い口コミ~悪い評判までありました。ここではあくまでも中立的な立場で嘘なく真実を伝えていけたらと思...

3.血尿にやさしい超低アレルゲンでおすすめのキャットフード:カナガンキャットフード

キャットフードのアレルゲンは主に穀類と動物性タンパク質原料になります。穀類についてはグレインフリーのキャットフードはたくさんありますが、動物性たんぱく質原料でのアレルゲンフリーはなかなかありません。

動物性たんぱく質のアレルギーは、鶏肉や卵がその対象となってしまいます。よって魚系の動物性たんぱく質原料を使用しているキャットフードがより安全となってきます。カナガンキャットフードのサーモン味は魚のみを使用しているので、チキンのアレルギーを心配する必要がありません

カナガンキャットフードの総合評価

項目 評価
総合評価 4.5
原材料 4.6
栄養バランス 4.7
無添加・アレルゲン 4.8
コスト 3.5
獣医推薦 4.5
製造、管理 4.8

カナガンキャットフードの基本情報

カナガンキャットフード 口コミ

カナガンキャットフードの商品情報

まずは、カナガンキャットフードの一般的な情報から記載していきます。こちらではお値段やどういったフードなのかをわかりやすくまとめてみました。

項目 内容
内容量 1.5kg
価格 通常購入:5,038円(1袋)
定期購入:4,534円(1袋)/4,282円(2袋以上)/4,030円(5袋以上)
1kg当たりの単価 2,686~3,358円
5kgの成猫の1日の餌代 給与量65g 1日あたり 175~218円
対応年齢 全年齢
カテゴリ 主食
原産国 イギリス
タイプ ドライフード
粒の大きさ 約7mm 球状
主原料 チキン、サーモン
カロリー 405、398kcal / 100g
特徴 ・ヒューマングレード
・グレインフリー
・着色料、香料不使用
・欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)基準
・魚、肉を60%以上配合
・チキンとサーモンの2種類
賞味期限 未開封:製造日より18か月 パッケージに記載
開封後:できるだけ早めに
販売会社 株式会社レティシアン
住所 東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
電話番号 0570-200-012
公式サイト https://www.canagancatfood.co.jp/cart
販売会社ホームページ https://laetitien.co.jp/

\最安は公式サイトの定期購入で20%OFF!/カナガンキャットフードの公式サイトはこちら

以上がカナガンキャットフードの基本情報になります。

カナガンキャットフードはチキンとサーモンの2種類がありますが、チキン味はチキン自体が動物性たんぱく質の中でもアレルゲンとなってきます。

よってサーモン味限定ですが、サーモン味であればグレインフリーを含め、アレルゲンがありません。ここまで徹底しているフードで、かつ血尿に関連する数値としていいものはなかなかないのではないでしょうか。

カナガンキャットフードの原材料や成分表など、もっと詳しい内容を見たい方は、こちらを参照ください。

【評判どう?】カナガンキャットフードの口コミの12件を解説!獣医の100%が認める?
愛猫の健康を第一に考える人たちの間で人気の「カナガンキャットフード」。獣医師の100%が栄養のバランスが良いとし、85%のもの方が食いつきがよいと好評を得ていますが、実際の口コミではどうなのかを調べました。 実際に調べてみると、良い口コミも...

カナガンキャットフードの血尿に関する記事もありますので、そちらも参考になればと思います。

【猫の血尿の原因】カナガンキャットフードと療法食の違いや効果は?
カナガンキャットフードは2種類のタンパク質原料60%以上で、グレインフリーということで消化に良く、チキン味ではアレルゲンのないキャットフードとして人気があります。そんなカナガンキャットフードですが、猫ちゃんの血尿に対しては対策や治療の効果は...

4.乳酸菌などおなかの調子を整えて血尿対策でおすすめのキャットフード:犬猫生活キャットフード

次に、お腹の調子を整える、整腸作用を意識したキャットフードでおすすめなのは、犬猫生活キャットフードになります。

乳酸菌とオリゴ糖をしっかりと配合しつつ、消化に悪い穀類は使わないグレインフリーと徹底していますね。血尿の原因でもある下部尿路疾患全般にもおすすめできますし、総合的に見てもレベルの高いおすすめキャットフードだと思います。

犬猫生活キャットフードの総合評価

項目 犬猫生活
総合評価 4.4
原材料 4.5
栄養バランス 4.5
無添加・アレルゲン 4.5
コスト 5.0
獣医推薦 4.5
製造、管理 4.8

犬猫生活キャットフードの商品情報

犬猫生活

まずは、犬猫生活キャットフードの一般的な情報から記載していきます。犬猫生活も同ブランドでもものすごいシリーズがありますし、犬猫生活でも2種類あります。はやりお魚系の「金沢港の朝ドレ魚」がアレルゲンフリーとなります。

項目 内容
内容量 750g×2(「国産の生鶏肉」「金沢港の朝獲れ魚」)
価格 【初回】「国産の生鶏肉」「金沢港の朝獲れ魚」各750g:5,258円
【定期便】750g×2個:5,258円
【単品購入】各750×2個:6,908円
1kg当たりの単価 3,505~4,605円
5kgの成猫の1日の餌代 給与量65~70g 1日あたり 146~257円
対応年齢 オールステージ
カテゴリ 総合栄養食
原産国 日本
タイプ ドライフード
粒の大きさ 10mm 円柱状
犬猫生活
主原料 生肉(鶏肉、牛肉)・金沢港の朝獲れ魚
カロリー 360kcal / 100g
特徴 ・グレインフリー
・着色料・人工香料不使用
・高たんぱく質
・ノンオイルコーティング
・国内生産
・FAMIC基準クリアの工場製造
賞味期限 製造より1年
販売会社 犬猫生活株式会社
住所 東京都 新宿区市谷船河原町9-1
NBCアネックス市谷ビル6F
電話番号 03-6387-3100
公式サイト https://inuneko-seikatsu.co.jp/
販売会社
ホームページ
https://inuneko-seikatsu.co.jp/shop/products

\あの前澤さん肝いりのキャットフード!/犬猫生活キャットフードの公式サイトはこちら

犬猫生活は、あの元ゾゾタウンの前澤友作氏肝いりのキャットフード、ドッグフードの会社となります。おそらく、日本を元気にしよう的な感じだと思います。金沢港でとれた魚を何とかできないか、というのもあったかもしれませんね。

入りはとにかく、品質としてもものすごく良いキャットフードだと思います。ただ、お値段がちょっと高くて、モグニャンなどよりもさらに高い、というのが難点でしょうか。

犬猫生活キャットフードについてもっと詳しく知りたい方は、口コミ記事もありますので、そちらを参照いただければと思います。

【評判どう?】犬猫生活キャットフードの口コミ9件と成分表、販売店は?
愛猫の健康を第一に考える人たちの間で人気の「犬猫生活キャットフード」の口コミをご紹介します。 実際に調べてみると、良い口コミ~悪い評判までありました。ここではあくまでも中立的な立場で嘘なく真実を伝えていけたらと思います。また原材料や成分から...

5.血尿対策にもよい高品質タンパク質原料でおすすめのキャットフード:グランツキャットフード

グランツキャットフードも動物性タンパク質原料が70%以上と非常に高いものありますが、その品質自体も非常に良いと評判です。チキン成分が7%ちょっとありますが、アレルゲン対策としてもかなり低く抑えられていると思います。

高品質タンパク質原料のキャットフードとして血尿対策におすすめしたいところですね。

グランツ(GRANDS)キャットフードの総合評価

項目 評価
総合評価 4.1
原材料 4.3
栄養バランス 4.4
無添加・アレルゲン 4.3
コスト 3.5
獣医推薦 4.0
製造、管理 4.0

グランツ(GRANDS)キャットフードの基本情報

グランツ

まずは、グランツ(GRANDS)キャットフードの一般的な情報から記載していきます。こちらではお値段やどういったフードなのかをわかりやすくまとめてみました。

項目 内容
内容量 1.5kg(500g×3袋)チキン・サーモン、チキン、サーモンの3種類
価格 300gサンプル:550円(送料無料)
通常購入:4,950円
定期購入:購入回数に応じて4,450~3,960円
※販売は3袋から
※12回目以上で20%オフ
※3種類とも同額
1kg当たりの単価  2,640~3,300円
5kgの成猫の1日の餌代 給与量74g 1日あたり 195~244円
対応年齢 チキン+サーモン:全年齢
チキン、サーモン:1歳以上
カテゴリ 総合栄養食
原産国 フランス
タイプ ドライフード
粒の大きさ 約7mm 三角
グランツ
主原料 チキン、サーモン
※たんぱく質原料70%以上
カロリー 358、361kcal / 100g
特徴 ・グレインフリー
・着色料、香料不使用
・魚、肉を70%以上配合
・チキン+サーモン、チキン、サーモンの3種類
賞味期限 未開封:製造日より12か月
販売会社 GRANDS株式会社
住所 東京都千代田区東神田1-16-7
東神田プラザビル4F
電話番号 0120-346-176
公式サイト https://grands-pets.com/cat-gr-gfall-tk.html
販売会社ホームページ https://grands-pets.com/

\初回63%OFFの980円+他の味お試しサンプル付き/グランツ(GRANDS)キャットフードの公式サイトはこちら

以上がグランツ(GRANDS)キャットフードの基本情報になります。

また、味が3種類もあるので、チキンという動物性たんぱく原料のアレルギーさえ問題なければ、味変ができるのでねこちゃんも飽きずに続けられるのではないでしょうか。

もちろんグレインフリーとなっていますし、マグネシウム量も0.08%と他のフードよりも低い数値をとっています。高品質タンパク質原料とマグネシウム量を考慮した血尿対策におすすめのキャットフードとなります。

もっと詳しい情報をしりたいかたは、口コミ記事に原材料や成分表も記載していますので、参考にしていただければと思います。

【評判悪い?】グランツキャットフードの口コミの9件&我が愛猫にあげたレビューも
食いつきや、逆に肥満について考えられていることで人気の「グランツ(GRANDS)キャットフード」について調べました。また、下痢や吐き戻しなどについても関心が寄せられていますので、原料などを元に考察します。 口コミを実際に調べてみると、良い口...

グランツキャットフードの血尿に関する記事もありますのでそちらも参考にしていただければともいます。

【猫の血尿の原因】グランツキャットフードと療法食の違いや効果は?
グランツキャットフードはタンパク質原料70%、グレインフリーということで消化に良い、アレルゲンの少ないキャットフードとして人気があります。そんなグレインキャットフードですが、猫ちゃんの血尿に対しては対策や治療の効果はあるのか、調べてみました...

以上が、血尿対策におすすめのキャットフードとして紹介しました。詳しい紹介はありませんでしたが、表にある10のキャットフードはいずれも素晴らしいと思いますので、各リンクより詳しい情報をご覧いただければと思います。

血尿対策のおすすめフードで迷ったら、モグニャンキャットフード!

モグニャン100円

まだ血尿になってない、今後血尿で困らないようにしたい、ということであれば、療法食の偏った栄養の食事より、総合的にバランスの取れたキャットフードをおすすめします。

そうなりますと、やはりモグニャンキャットフードが、アレルゲン、高品質なたんぱく質、pHやミネラルのバランス等々、非常に良いキャットフードだと思います。

療法食ですと、極端なバランスとなりますので、健康な猫ちゃんにはちょっと、、という気がしていしまいます。

\最も安いのは公式サイトの定期購入!/モグニャンキャットフードの公式サイトはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました