【効果あり?なし?】カナガンと下部尿路疾患(尿管結石)のキャットフード比較

カナガン 尿路疾患 キャットフードの情報

猫の病気としてもっとも多くあるのが、腎臓と尿管に関するものがあります。そこで、カナガンキャットフードが尿管結石などの下部尿路疾患に対して、その療養食として作られたフードとで、疾患に影響するとされる成分を比較してみました。

結論としては、やはり下部尿路疾患対策として作られた療養食との差はあります。そもそもカナガンキャットフードは健康な成猫に対して非常に栄養バランスが良いように設計されていますので、元気なこと、病気になった子とで比べることに無理があるかな、と感じました。

決して、カナガンが下部尿路疾患に悪いキャットフードでないむしろ健康な猫に対しては非常に優れたフード、ということは確認しておきます。こちらで特にお伝えしたいことは、下記になります。

自己紹介 こんにちは! 本記事の執筆者「快適空間編集部 ナカジ」といいます。
我が家の猫は、もう何代目か。今回は、三毛の野良ちゃん。ちょうど親父がなくなったときに、実家の前で見つけた子。しっかりと健康に長生きしてもらいたいとねがいつつ。
当サイトではアフィリエイト広告を利用しておりますが、ごゆっくりとご覧ください。

猫の下部尿路疾患、尿路結石とは?

腎臓病 猫

下部尿路疾患とは?

さて、私は残念ながら獣医ではありませんので、こちらは我が地元愛知県のオリバ犬猫病院さんの説明が非常にわかりやすかったので、そちらを引用します。

膀胱から尿道までの病気の事を言います。下部尿路疾患はストレス、食事(フード)の質や飲水量が少なくなる事で膀胱炎、尿結石のリスクが高まります。確認が多い結石はストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)結石、シュウ酸カルシウムと2種類あります。

結石の材料になるカルシウム、マグネシウムなどのミネラルの量を調節してないフード、ミネラルが多い煮干し等のおやつをあげている子は要注意です!

※引用元:オリバ犬猫病医院「冬に多い猫の下部尿路疾患の症状と原因、治療法について」より

尿路疾患の代表例として、膀胱炎に尿結石となるわけですね。特に、尿路結石は多いようです。そしてのそ原因は、ミネラルの偏りから結晶化されやすくなります。

このストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石は半々ですが、pHによって分かれるようです。

  • シュウ酸カルシウム pHが6.0以下で結晶化しやすい
  • ストルバイト結石 pHが6.6以上で結晶化しやすい

つまり、空白のpH6.0~6.6であると安全といえるわけですね。また、年齢によっても出やすい結石があるので、その逆をいくフードを与えるのも重要な要素です。

ペッツライン

ペットラインHPより

若いころは、マグネシウムを警戒して、マグネシウムの低い食事、年を取るとphの6以上になるような食事、がよいでしょうか。

猫の尿路疾患の症状は?

では、猫ちゃんの尿路疾患のその症状は、下記のようになります。

  • 血尿
  • 頻尿(何度もトイレに行く)
  • 何回もトイレに行くけど出ない
  • 尿がキラキラしている
  • 重度の場合、嘔吐、元気がない

※引用元:オリバ犬猫病院「冬に多い猫の下部尿路疾患の症状と原因、治療法について」より

血尿に関してはわかりやすいと思います。あと、嘔吐や元気がない、というのも発見しやすいと思います。

他の頻尿や、トイレに行くけど出ない、尿がキラキラしている、は注意深く観察していないとわからないと思います。

なので、どれだけ買っている猫ちゃんをしっかり見ていいるか、が重要になってきそうです。なるべく早く、適切な治療を受けさせてあげたいですよね。

尿路疾患の治療方法

さて、その尿路結石の治療方法なんですが、下記のように書かれています。

尿結石の種類によっては療法食、尿酸化剤などで溶けるものもあります。

また、尿検査で細菌感染が疑われる場合は抗菌薬の投与を平行して行います。

結石を除去した後も結石は形成されるため、半永久的に療法食でのコントロールが必要になります。療法食の種類は多くある為診察を行った上で療法食を選択します。

※引用元:オリバ犬猫病院「冬に多い猫の下部尿路疾患の症状と原因、治療法について」より

結石は何らかの方法で取り出すのはわかります。溶けるものもあるようですが、切開して取り出すものもあるようです。いずれにせよ、まずは体内から石をなくす、これはわかりやすいと思います。

ただ、その後も、再発を防ぐために、療法食でコントロールが必要になる、とのことです。これは獣医さんに相談して、ほんとに必要な処置をしないといけないでしょう。

で、ここで療法食、が出てくるわけですね。

尿路疾患の対策は?

こちらもオリバ犬猫病院の対策を見ていきましょう。

  1. 飲む水の量を増やす工夫をする
  2. ウェットフードに変えてみる
  3. おしっこの病気に配慮したフードに変える

こちらでは、とにかくおしっこをさせなさい、ということですね。体内にミネラルが残ることで、それが結石として固まって蓄積していきますので、それが起きにくくする、ということになります。

1については、なかなか猫は水を飲まないので、氷を浮かべるとか、遊ばせながら飲ませるなどの工夫もあると思います。

2のウェットは、食事自体に水分を多く持たせる、ということですね。

3については、ナトリウムを多く含むフードを与えることで、水を摂取したくなるようにする、ということになります。

とにかく、水分を多くとらせて、おしっこをしっかり出させましょうということですね。

また、こちらに加えて、そもそもの原因としてミネラルのバランスが悪いことでも蓄積しやすいのはありますので、ミネラルのバランスが良いキャットフードであることも重要な要素だと思います。

カナガンは尿路疾患に効果的なキャットフード?

猫 食事

尿路結石に適したキャットフードとは?

では、猫ちゃんが尿路疾患になってしいまっているとわかったら、療法食というように食事から気を付けなくてはいけなくなるとのことで、どういったキャットフードなら適しているのでしょうか。

  1. ミネラルがバランスよく配合されていること
  2. 尿を出しやすいフードであること
  3. pHに配慮した食事であること

ここでようやくカナガンキャットフードが関係しそうなものが出てきました。上記の内容を見たときに、カナガンキャットフードはどうでしょうか。

カナガンキャットフードは尿路疾患に適しているのか?

カナガンキャットフード 口コミ

カナガンキャットフードの基本情報

まずは、カナガンキャットフードの一般的な情報から記載していきます。こちらではお値段やどういったフードなのかをわかりやすくまとめてみました。

項目 内容
内容量 1.5kg
価格 通常購入:4,708円(1袋)
定期購入:4,237円(1袋)/4,001円(2袋以上)/3,766円(5袋以上)
1kg当たりの単価  2,510~3,138円
5kgの成猫の1日の餌代 給与量60g 1日あたり 158~188円
対応年齢 全年齢
カテゴリ 主食
原産国 イギリス
タイプ ドライフード
粒の大きさ 約7mm 球状
主原料 チキン、サーモン
カロリー 405、398kcal / 100g
特徴 ・ヒューマングレード
・グレインフリー
・着色料、香料不使用
・欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)基準
・魚、肉を60%以上配合
・チキンとサーモンの2種類
賞味期限 未開封:製造日より18か月 パッケージに記載
開封後:できるだけ早めに
販売会社 株式会社レティシアン
住所 東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
電話番号 0570-200-012
公式サイト https://www.canagancatfood.co.jp/cart
販売会社ホームページ https://laetitien.co.jp/

以上がカナガンキャットフードの基本情報になります。

記載通り、ドライフードとなります。水分をより取りやすく、といういみでは、お水からしっかりとるように、となります。

\最安は公式サイトの定期購入で20%OFF!/カナガンキャットフードの公式サイトはこちら

カナガンキャットフードの原材料

カナガン

尿路疾患に関して、いい材料、悪い材料、といっても材料からはすぐにわかりませんが、まずはこんな材料を使っている、ということになります。

【チキン】
乾燥チキン35.5%、チキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、チキンオイル4.2%、乾燥卵4%、チキングレイビー2.3%、 サーモンオイル1.2%、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、 カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニス、コロハ、ビタミン類(A、D3、E)、タウリン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン)
【サーモン】
生サーモン31.5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、サツマイモ、サーモンオイル5%、ジャガイモ、生マス2.5%、ジャガイモタンパク、サーモンスープ2%、 アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、 カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニス、コロハ、アミノ酸類(メチオニン、リシン)、タウリン、ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)

非常に鮮度やバランスのよい素材を使っていることがわかります。特に、たんぱく質成分は生のものを使ったりと、非常に気を使っています。

赤文字にした「クランベリー」ですが、こちらはpHを調整することのできる食材で、主に酸性、つまりは、ストルバイト結石ができにくい、シュウ酸カルシウムができやすい、側に寄せます。ただし、キャットフード全体で考える必要はあります。

加えて、いろいろな栄養素が取れるように、その材も多岐にわかりますし、主な栄養がタンパク質であるにもかかわらずいろいろな野菜やフルーツを使っている、非常にバランスの取れたキャットフードだと思います。

バランスの良いミネラル成分については、栄養表を見ないと何とも言えませんね。また、ナトリウムについても成分表をみましょう。

カナガンキャットフードの成分表

次に、カナガンキャットフードの栄養成分についてみてみましょう。原材料の成分通り、かなりたんぱく質が豊富なフードになっています。

また、健康な若い猫ちゃんにとって、その必要な主栄養素はタンパク質になると思います。そういった意味でタンパク質が多くなるような設計はカナガンキャットフードにかかわらず、仕方ないでしょう。

成分
フード種類 チキン サーモン
タンパク質 34%以上 34%以上
脂質 16.7%以上 14.8%以上
粗繊維 3.25%以下 3.25%以下
灰分 10.7%以下 10.2%以下
水分 8%以下 8%以下
オメガ3脂肪酸 0.82% 3.1%
オメガ6脂肪酸 2.99% 0.8%
マグネシウム 0.09% 0.09%
ナトリウム 0.55% 0.55% 
リン 1.10% 1%
カルシウム 1.58% 1.4%
エネルギー(100gあたり) 405kcal 398kcal

これがカナガンキャットフードの成分表となります。マグネシウム、ナトリウムは、実はパッケージには記載がありません。ただし、問い合わせるとすぐに解答してもらえます。この値が適切なのか、療法食と比べてみましょう。

ドライフードなので水分は10%を切るのは致し方ありませんね。ナトリウムにてお水をとってもらうのを期待しましょう。

pHについては、おそらく尿路疾患専用の療法食しか計測していないのではないでしょうか。調整素材としてはクランベリーが挙げられますが、フードとしてpHの高い低いを表すものではありません。

タンパク質の豊富さや、オメガ脂肪酸などをみると、通常に与える食事としては、カナガンキャットっフードはほんとに優秀なキャットフードだと思います。

\最安は公式サイトの定期購入で20%OFF!/カナガンキャットフードの公式サイトはこちら

カナガンキャットフードと下部尿路疾患ケア用フードとの比較

それでは、カナガンキャットフードをい下部尿路疾患ケア用の療法食と比較していきたいと思います。

尿路疾患

カナガンキャットフード チキン・サーモン」と「ロイヤルカナン ユリナリーS/O ドライ」「ヒルズ プリスクリプション・ダイエット マルチケア」との3つを比較してみました。

全部の原料や成分というわけでなく、上記で挙げた尿路疾患に関係する数値を見ていきましょう。また、同じカロリーを摂る必要がありますので、比較するのにカロリーも掲載しています。

カナガン
チキン
カナガン
サーモン
ロイヤルカナン
ユリナリーS/O
ヒルズ
p/dマルチケア
水分 8%以下 8%以下 6.5 %以下 不明
マグネシウム 0.09% 0.09% 成分調整あり 0.072%
ナトリウム 0.55% 0.55%  0.37%
pH関連 クランベリー  クランベリー  pH調整あり pH調整あり
カロリー 405kcal 398kcal 387kcal 205kcal

参考にしようとしたのですが、数値の記載がない部分もあります。ただし、ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結晶ともにできにくい範囲で材料調整を行っている、という説明はあります。

  • 水分はいずれもドライなの非常に少ない
  • ナトリウムはカナガンが高そうで、水も飲んでくれる可能性はこの中では高い
  • マグネシウム量はやはりカナガンが多いと予想される。ただ、ヒルズとそう変わらないのも事実
  • pHの調整については、カナガンが天然の原料で調整しようとしていますが、ロイヤルカナン、ヒルズとも人工的に調整で確実かと
  • カロリーはヒルズのみ低く、同カロリーを摂ろうとするとマグネシウムナトリウム共に多くなりそう

というところでしょうか。

カナガンキャットフードの下部尿路疾患への影響まとめ

以上が、カナガンキャットフードが下部尿路疾患(膀胱炎、尿路結石)に良いか悪いか、と客観できなデータを見ると、やはり調整の入っている療法食には少しおばないのでは、という気がします。

ただ、健康な猫にとっては非常に栄養バランスのいいキャットフードですし、尿路疾患をケアする目的はなくとも、かなりそれに近い数字を出しているのでは、という気がします。

他にも、たんぱく質の多さやその原材料の良さ、オメガ脂肪酸、人工着色料や香料の不使用など、キャットフードとしてかなり良質なものであるのもわかります。

\最安は公式サイトの定期購入で20%OFF!/カナガンキャットフードの公式サイトはこちら

当サイトではその一押しとしてモグニャンをおすすめしています。もちろんこちらのカナガンも非常によいフードでして、その次におすすめですね。

それぞれの口コミ記事が見たい方は、こちらを参照してください。

【評判どう?】モグニャンの口コミ12件&愛猫に試したレビューを紹介!
愛猫の健康を第一に考える人たちの間で、その原材料へのこだわりや、食いつきといった猫ちゃんお反応も人気の「モグニャンキャットフード」の口コミと、実際我が家の愛猫である三毛猫ちゅらさんに上げたらどうなったレビューを報告します! もちろん、口コミ...
【評判どう?】カナガンキャットフードの口コミの12件を解説!獣医の100%が認める?
愛猫の健康を第一に考える人たちの間で人気の「カナガンキャットフード」。獣医師の100%が栄養のバランスが良いとし、85%のもの方が食いつきがよいと好評を得ていますが、実際の口コミではどうなのかを調べました。 実際に調べてみると、良い口コミも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました