カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードを5つの項目で比較!

カナガン グランツ キャットフード比較

人気のキャットフードである「カナガン」と「グランツ(GRANDS)フード」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に基本となる「1.料金で比較」「2.キャットフードの基本情報で比較」「3.栄養価で比較」「4.材料、製法の安全性で比較」「5.販売会社の信頼性で比較」。以上の項目で徹底比較しています。両社の良いところ悪いところ包む隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「カナガン」と「グランツ(GRANDS)キャットフード」を5つの項目で比較しました!

1.料金で比較初回料金やサンプル購入などの初回にお得なプランがあるか。また、定期配送などによる割引などを詳しく記載します。また、amazonや楽天など、ECサイトでの価格も比較していきます。
2.フードの基本情報で比較適合する猫種や年齢、原産国やフードの特徴など、基本的な情報にて比較していきます。
3.栄養価で比較フードの原材料やその成分表より、猫に必要な栄養素などを検証、比較していきます。
4.材料や製法の安全性で比較使用している原材料への添加物やその製法により、猫に有害な物質がないかなどを確認、比較します。
5.会社の信頼性で比較販売会社について調査した結果を比較します。

上記の5つの項目で、カナガンキャットフードとグランツ(GRANDS)キャットフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「カナガン」と「グランツ(GRANDS)キャットフード」を料金で比較!

まずは、一番気になる料金からになります。いくら栄養がある、健康に良い、といってもとんでもなく高価だったりしますと、ちょっと上げにくかったりしますよね。また、お試し価格などもあると、愛猫との相性をためせるので、うれしいですね。

カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードの公式サイトからの購入した場合の料金は?

※税込み価格カナガングランツ(GRANDS)
容量1.5kg1.5kg(500g×3袋)チキン・サーモン、チキン、サーモンの3種類
初回、もしくはサンプル購入費なし300gサンプル:550円(送料無料)
通常購入4,708円4,950円
定期購入1袋:4,237円
2袋以上:4,001円
5袋以上:3,766円
購入回数に応じて4,450~3,960円
※販売は3袋から
※12回目以上で20%オフ
※3種類とも同額
1kg当たりの料金 2,510~3,138円 2,640~3,300円
体重5kg成猫の推奨給与量での1日の餌代給与量60g
1日あたり 158~188円
給与量74g
1日あたり 195~244円

カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードを比較しますと、カナガンはサンプルや初回限定というのがありませんが、グランツは初回サンプルがあります。

定期価格でいきますと、ほぼ同じような価格となりますが、一日の給与量がカナガンの方が少なくて済みますので、グランツ(GRANDS)の方が2割ほど高くなります。

ただ、値段が高くてもその質がよければよいので、そういった部分を下記でみていきましょう。

カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードをamazonや楽天、ヤフーなどのECサイトから購入した場合の料金は?

フードによっては公式サイトより安かったりする場合があります。カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードをECサイトから購入する場合の料金を比べてみました。

※税込み価格カナガングランツ(GRANDS)
公式サイト3,920~4,708円3,920~4,708円
amazon5,412円~1袋500g:1,650円(送料別)
楽天市場8,280円~
ヤフーショッピング8,000円~

ECサイトでの購入は、カナガンはかなり割高になっていて、2倍の料金が発生しています。グランツ(GURANDS)については、amazonが公式で売っており、送料次第ですがほぼ同等、楽天やヤフーでは取り扱いがありません。

ECサイトで注意してほしいのは、これらの販売店は正規代理店ではない可能性が高がある場合です。

おかしなものを買ってしまうといけないので、公式サイトからの購入を、安全性、信頼性も含め、強くお勧めします

2.「カナガン」と「グランツ(GRANDS)キャットフード」をフードの基本情報で比較!

次にカナガン、グランツ(GRANDS)キャットフードのキャットフードの基本情報を見ていきましょう。適応年齢から、どういった上げ方がよいのか、原産国や主原料など、いろいろなフードの情報を比較してみます。

カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードのフードの基本情報一覧

こちらがカナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードのキャットフードの基本情報の一覧になります。

項目カナガングランツ(GRANDS)
容量1.5kg1.5kg(500g×3袋)チキン・サーモン、チキン、サーモンの3種類
対応年齢全年齢チキン+サーモン:全年齢
チキン、サーモン:1歳以上
カテゴリ主食総合栄養食
原産国イギリスフランス
タイプドライフードドライフード
粒の大きさ約7mm 球状(ペレット)
カナガン
約7mm 三角
グランツ
主原料チキン、サーモン
※たんぱく質原料60%以上
チキン、サーモン
※たんぱく質原料60%以上
カロリー405、398kcal / 100g358、361kcal / 100g
特徴・ヒューマングレード
・グレインフリー
・着色料、香料不使用
・欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)基準
・魚、肉を60%以上配合
・チキンとサーモンの2種類
・グレインフリー
・着色料、香料不使用
・魚、肉を60%以上配合
・チキン+サーモン、チキン、サーモンの3種類
賞味期限未開封:製造日より18か月 パッケージに記載
開封後:できるだけ早めに
未開封:製造日より12か月

以上がカナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードのフードに対する基本的な情報となります。

見てもわかる通り、カナガンとグランツ(GRANDS)はものすごく近い商品ですが、いくつかは違っている点がありますので、そちらに注目してみます。こちらの比較から何が見えてくるのか考えてみましょう。

カナガンとグランツ(GRANDS)の全年齢適だと何がいいのか?

適応年齢ですが、カナガンは子猫から使用できます。グランツも一部のフードは全年齢適用できます。これがどんなメリットがあるかというと、ごはんを成長過程の途中でかえなくてもいい、ということです。

フードを変えるというのはねこちゃんにとってはそれなりに負担になります。消化しにくくなったり、たべなくなったりなど。なので、一貫してあげあれるのはそれなりにメリットのあることです。

プラスしてグランツ(GRANDS)は1歳から2フード増えますので、味変なども可能です!

カナガンとグランツ(GRANDS)の主原料の違いでなにがわかる?

両者ともかなり似たり寄ったりに思います。主原料も同じように、カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードはチキンとサーモンの動物たんぱくであるというところです。グランツは種類としてサーモンバージョンもありますが、こちらもチキンが入っています。

動物性たんぱく原材料はねこちゃんには必須の栄養ですが、逆にアレルギーの原因にもなります。それふえ、種類が少ないほうがアレルゲンとしての判別がしやすいというのがあります。

カナガン、グランツ(GRANDS)共にグレインフリーとなっていますので、消化に対しても優しいと思いますし、アレルゲンの心配も一つ減ります。

またサーモンは魚特有のオイルに含まれるDHAやEPAといった成分が多くなるようにも思います。ただ、全体のバランスでいったら他の原材料も関係してきますので、そういった違いについては、栄養価での比較を見てみましょう。

これらに違いによる栄養についてはまた次で比較していきたいと思います!

カナガンの特徴にある欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)基準とは?

イギリスはペットの食事も人間同様に厳しい管理基準が設けられていまして、カナガンはそれらの基準をみたしているものすごく安全なフードだといえます。

グランツ(GURANDS)はそういった製造の規格は特にありません。

日本国内での製造がよいという声もありますが、国内ではキャットフードなどに対する管理基準はありません。工業製品にたいする規格はいろいろありますが、あれは食べるものではありませんので。

3.「カナガン」と「グランツ(GRANDS)キャットフード」を原材料と栄養価で比較!

次に、原材料に何が使われているかは非常に重要な点となります。また、それを用いたことでどういった栄養成分が得られるかも重要となりますので、そちらを比較してみました。

カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードの原材料からわかる違いとは?

ねこちゃんに必要な栄養について比較していこうと思います。わかりやすいようにカテゴリーに分けて記載しました。グランツ(GRANDS)については比較としてカナガンとおなじく全年齢対応のチキン&サーモンを紹介します。

カナガングランツ(GRANDS)
動物性たんぱく乾燥チキン35.5%、チキン生肉25%、乾燥卵4%、チキングレイビー2.3%脱水チキン 30%、フレッシュチキン 15%、脱水サーモン 14%、チキンファット 10%、チキンプロテイン 2%
油脂類サーモンオイル1.2%、チキンオイル4.2%サーモンオイル 0.80%
野菜果物サツマイモ、ジャガイモ、 アルファルファ、クランベリー、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、 カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニス、コロハさつまいも、じゃがいも、エンドウ豆、チコリ、クランベリー、ブロッコリー、ブルーベリー
ビタミン
ミネラル
ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン)ビタミン類(A、D3、E)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(銅、ヨウ素、鉄、マンガン、セレン、亜鉛)
その他マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、タウリンマンナンオリゴ糖、ビール酵母、ユッカエキス

主原料をみてますと、カナガン、グランツ(GRANDS)ともにチキンを中心に60%以上のたんぱく原材料となっています。グランツはプラスしてサーモンも使用しています。

主原料のお肉、お魚などのたんぱく質の原材料ですが、カナガンはいずれもヒューマングレードのものを使用しています。

グランツ(GURANDS)はヒューマングレードではありませんし、フレッシュなチキンは15%と少なめです。ただ、脱水チキン、脱水サーモンはタンパク質成分がたくさん含まれますので、出来上がりの栄養価がよりタンパク質がおおくなると予想できます。

ただ、生肉や生魚には、今回成分表で出てこないような、ちがった成分もいろいろありますので、その点ではカナガンが良いと思います。

油成分については、いずれもサーモンオイルを使用していることから、EPAやDHCについて気を使っていることがわかります。

カナガンは野菜やフルーツにしてもかなり豊富な種類が使われているのがわかります。栄養素の測定値に出てこない成分もいろいろと入ってくると思いますので、多いのは良いことですね。グランツはそこまで多くはないですね。

その他の材料のところでは、両社ともにおなかの調子をと整える善玉菌の餌となるオリゴ糖が配合されています。

他にも健康維持に必要なタウリンをはじめ、ビタミンやミネラルが豊富に配合されています!

カナガン、グランツともに、ほんとに人間の食事として出してもよさそうなほど、いろいろな栄養を摂取できるような材料が使われているように思います!

カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードの栄養成分表からわかることは?

それでは次に、上の原材料で作られたフードが、どういった栄養成分となってるかを比較してみましょう!

栄養素カナガングランツ(GRANDS)
タンパク質34%以上36.00%
脂質16.7%以上17.00%
粗繊維3.25%以下4.50%
灰分10.7%以下8.50%
水分8%以下10.00%
炭水化物
オメガ3脂肪酸0.82% 0.50%
オメガ6脂肪酸2.99%0.70%
リン1.10%1.10%
カルシウム1.58%1.60%
マグネシウム0.09%
ナトリウム0.60%
エネルギー(100gあたり)405kcal361kcal

両者を比較してみますと、たんぱく質はカナガン、グランツ(GRANDS)とほとんど同じだとおもいます。

脂質もカナガン、グランツ(GRANDS)ともにほとんど同じですが、カロリーがカナガンの方が多く、給仕量が少なく済むので、ダイエットにはカナガンの方がいいかもしれません。

繊維についてはグランツが多くなってくるので、お腹の調子を整えるという意味ではこちらの方が有利かもしれませんが、相性によるところも大きいと思います。

あとは、両社ともオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸について公式サイトでうたっていますが、それぞれしっかり含まれていると思います。

4.「カナガン」と「グランツ(GRANDS)キャットフード」をアレルゲンや材料の安全性で比較!

次に、ねこちゃんの健康に関して重要なアレルゲンや、材料についての安全性について確認していきましょう。

結論としましては、カナガン、グランツ(GRANDS)キャットフードともにアレルゲン、添加物や発がん性物質、製造工程、ともに安心安全なキャットフードとなっています。

それでは、それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

猫の食物のアレルゲンといえば?

猫のアレルゲンとは以下のものが考えられます。

肉、魚、大豆、小麦、トウモロコシ、米、乳製品、人口添加物

こちらを先ほどの原料に対してみていきますと、たんぱく質の原材料チキンやサーモンとなっています。ただ、このたんぱく質は必須の栄養素であり、もし鶏肉にアレルギーをお持ちだとかなりのフードが除外されてしまうと思います。

もし鶏肉でアレルギーが出てしまうようでしたら、魚のみやお肉でも牛、豚などもありますので、別のお肉をお試しください。サーモンについても同様です。

カナガン、グランツ(GRANDS)ともグレインフリーとなっていますので、小麦やトウモロコシといった穀物は問題ありません。

人口添加物も両社ともつかっていません。カナガン、グランツ(GRANDS)とも、どうしても必要なたんぱく質原材料以外は問題ない、といえるでしょう。

添加物や発がん性物質については問題ないか?

原材料で気になる点としては、やはり添加物だと思います。安いフードになると、香料や着色料といった添加物はもちろんですが、保存料など、発がん性物質を含む場合もあります。

モカナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードでは、どちらもそういった人工着色料や香料は一切使用しておりません!

また、発がん性物質としても、保存料などは一切使用しておりませんので、安心してねこちゃんにあげることができます。

フードの製造過程についての安全性は?

後の問題は、材料の管理から、製造方法、製品としての管理の部分があります。こちらがおそろかになってしまっていては、せっかく原材料がちゃんとしたのでも製品になった時点ですべて台無しです。

こちらの製造工程などに関する部分を調べてみました。

カナガンはイギリスにて製造されています。そしてイギリスは世界屈指の動物愛護国と言われており、ペットフードは人間の食事と同等に捉えられ、法規制も厳しく設定されています。

カナガンは製造工場は、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しいガイドラインを遵守した施設にて製造されています。

安心、安全といった面での不安は、カナガンキャットフードにはないと思ってよいでしょう!

グランツに関しては、そういった規格をもってしての製造管理はされていませんが、その出荷時には外部機関によるチェックを入れているとのことです。

5.「カナガン」と「グランツ(GRANDS)キャットフード」を会社の信頼性で比較!

それでは、カナガンとグランツ(GRANDS)キャットフードがどちらの企業から販売されているか調べてみますと、下記の通りの企業となります。

モグニャングランツ(GRANDS)
販売会社株式会社レティシアンGRANDS株式会社
住所東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
東京都千代田区東神田1-16-7
東神田プラザビル4F
電話番号0570-200-0120120-346-176
公式サイトhttps://www.mogwandogfood.co.jphttps://grands-pets.com/cat-gr-gfall-tk.html
販売会社HPhttps://laetitien.co.jp/https://grands-pets.com/

販売会社は株式会社レティシアン、GRANDS株式会社からとなっています。

株式会社レティシアン、GRANDS株式会社は信用できる会社か?

株式会社レティシアンと、GRANDS株式会社の会社概要を見ます。

会社概要カナガングランツ(GRANDS)
社名株式会社レティシアンGRANDS株式会社
設立2007年1月2020年7月
代表者四方 祥樹嶽本 泰伸
事業概要ペットフードの輸入、販売、製造、研究開発ドッグフードやキャットフードを販売
事業紹介オリジナルペットフードの開発:モグニャンキャットフード、モグニャンキャットフード、他
海外のプレミアムペットフードの輸入:カナガン、アランズ、ネルソンズ、他
オランダからファインペッツキャットフード、ドッグフードの販売委託
本社所在地東京都中央区京橋2-2-1
京橋エドグラン20F
東京都千代田区東神田1-16-7
東神田プラザビル4F
資本金100万円
取引銀行みずほ銀行
三井住友銀行

株式会社レティシアンは2007年に設立と比較的若い会社だと思います。事業内容を見るとペット事業、主にフードに対する輸入販売、製造を専門にやっているようです。

また、GRANDS株式会社は、シーコネクトという会社をグランツ事業として分けたもので、まだ新しい会社ですが、大本は2009年から操業しています。キャットフード事業がうまくいったことで分社化しています。

そいう言った意味では、株式会社レティシアンのカナガンのほうが専門的だといえるかもしれませね。

どちらもしっかりとしたリアル事業をやってますので、企業としてはちゃんとしていると思います。

「カナガンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

  • とにかく愛猫の健康に気を使っている飼い主さん。カナガンキャットフードは原材料からその製造過程に至るまで、イギリスの厳しい管理規格にのっとっています。
  • 今のフードだとあまり食べてくれないねこちゃんおの飼い主さん。ウェットを上げつつもドライへの変更などの手段が使えます。
  • 食べ飽きないように同じシリーズで味を変えたい方。チキンとサーモンの2種類がありますのでローテーションできます。
  • アレルギーでお悩みのねこちゃんの飼い主さん。カナガンは原料の中でたんぱく源の白身魚が唯一のアレルゲンです。アレルゲンである穀物を使わないグレインフリーでであり、人口添加物や保存料などは一切使用していません。
  • 毛並みをつやつやにしたい方。オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸という栄養素がしっかりと入っているフードになります。毛並みつやつやになりました!という口コミも。

カナガンキャットフードの公式サイトはこちら

「グランツ(GRANDS)キャットフード」をおすすめの方はこんな人!

  • とにかく愛猫の健康に気を使っている飼い主さん。グランツ(GRANDS)キャットフードは原材料からその製造過程に至るまで、厳しい管理規格にのっとっています。
  • 食べ飽きないように同じシリーズで味を変えたい方。チキン+サーモンから、1歳を過ぎればチキンとサーモンの2種類がありますのでローテーションできます。
  • アレルギーでお悩みのねこちゃんの飼い主さん。グランツキャットフードは原料の中でたんぱく源のチキン、もしくはサーモンが唯一のアレルゲンです。アレルゲンである穀物を使わないグレインフリーでであり、人口添加物や保存料などは一切使用していません。
  • 毛並みをつやつやにしたい方。オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸という栄養素がしっかりと入っているフードになります。毛並みつやつやになりました!という口コミも。

グランツ(GRANDS)キャットフードの公式サイトはこちら

まとめ

カナガンキャットフードとグランツ(GRANDS)キャットフードについていろいろ見てきました。参考になりましたでしょうか。

いずれのキャットフードも、そのコンセプト通りねこちゃんに対して、栄養や安全といった面で信頼のおけるフードだということが分かったかと思います。

価格については、若干グランツが高めになっているのと、推奨給与量がグランツがおおいので、結果的に1日の餌代としてグランツが2割ほど高めとなっています。

主原料としてもあまり大きな違いはなく、両社ともチキンベースで原料の60%以上をたんぱく質原料が占めています。ただし、生の成分であり、ヒューマングレードを使っているという点で、カナガンに軍配が上がります。

もう一つの違いは、味の種類がグランツ(GRANDS)は全年齢のチキン&サーモンと、1歳からのチキンとサーモンと2種類、合計3種類のラインナップがあるというところでしょうか。こちらは食い飽きを防ぐのにもよいです。カナガンはチキンとサーモンの2種類になります。

両者とも、アレルゲンについてはどうしても必要な動物、魚の肉だけになります。他は添加物も含めて、安全、健康に関しては問題ない良質なフードになっています。

他の栄養素でいえば、必須脂肪酸やビタミンミネラルを非常に多い種類のものを配合しています。

以上で、カナガンとグランツ(GRANDS)ンキャットフードの徹底比較を終わりたいと思います!

 

カナガン、グランツ(GRANDS)キャットフードの口コミ記事が気になる方は、こちらも参考にしもらえればと思います。

また、当サイト一押しのモグニャンとに比較記事もございますので、そちらも参考になればともいます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました